So-net無料ブログ作成
検索選択

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その5

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その5


~多少のリスクには目をつぶる~

大きなリターンを得たいのならば多少のリスクは許してしまいましょう。
「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」の言葉通り大きく儲けたいのならば
多少のリスクは背負わなければいけません。

定期預金や普通預金はほぼノーリスクで金利を受け取ることができます。
資産運用はこれでもかまわないのですが、やはり大きなリターンを得たいのならば株式投資や社債購入。
もう少しリスクを低くして国債購入などを検討すると良いと久保雅文は思います。

勝ちに徹するというのは意外と簡単におこなえます。
リターンの幅は気にせずに資産だけを増やすことを目的とした場合、
定期預金加入が一番現実的かもしれません。
元本割れをすることなく着実に資産を増やすことが可能になります。

定期預金のリスクは資金が拘束されてしまう点にありますが勝ちに徹する場合、
これほど向いた資産運用はありません。
資金が拘束されないというリスクを排除すれば普通預金を久保雅文はお勧めします。
しかし利息は低くなってしまうのです。

投資をおこなうときは多少のリスクには目をつぶるしかありません。
リスクを受け止めるのです。特に外国債券などは債券であっても為替リスクなどが生じます。
社債であっても会社が倒産してしまえば大きな損失を被るのですから、
やはり高リターンを期待したい方はリスクを受け入れるしかないと久保雅文は考えます。

堅実に勝ちに徹するか。リターンを大きくするか。
この辺りが悩みどころと言えると久保雅文は思います。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その3

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その3


投資と投機の違い~

資産運用をされる方は投資と投機の違いについて学んでおかなければいけません。

株で例えさせていただくとデイトレードのように短期で株を売買するのが投機。
株を長期で保有して会社の成長を待ち、配当金を受け取り株価の値上がりを待つのが投資です。
投資と投機は全くの別物なので覚えておくと後々役に立つことでしょう。

私がお勧めさせていただく資産運用方法は「投資」です。
働きながら資産運用する場合には投機は不向きです。
また資産運用とはお金がお金を生み出すためのシステムが理想的とされており、投資がそれにあたります。
投機も立派な資産運用の一つなのですが
人が軸となって動くためお金がお金を生み出すシステムとは言い難くなります。

資産運用は不労所得を目的としておこなうのが良いでしょう。
デイトレードは人がパソコンの前で株価の動きを見続けなければならないため、
不労所得と定義付けるのは厳しいかもしれません。しかし投機も資産運用の一つなのです。

投機を批判するわけではありませんが一般の方は投資をおこなうのが良いでしょう。
投資ならば自分の時間を束縛される必要もなくなりますし、
日にちが経つごとに資産はどんどん増えていきます。
これこそが資産運用の醍醐味なのです。

まずは投資から始めてみてください。
国債や債権を購入するのも自分の時間を必要以上に使わずにすむため久保雅文が大変お勧めしています。

投資と投機の違いを理解しておくと資産運用をおこなう際にきっと役立つと久保雅文は思います。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その1

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その1


投資資金は多ければ多いほど良い~

投資資金は大きなリターンを期待する場合、多ければ多いほど有利です。
資産運用はお金の額が大きいほど得るものが大きいといえるでしょう。

投資を始めたい方はなるべく多くの資金を用意するよう努力してみてください。
しかし少ない資金でも投資をおこなうことは可能なので、あくまでも余裕資金で投資はおこないましょう。

資産運用は使い道のないお金を効率的に増やすためにおこなうのが基本となります。
いくらお金を増やしたいからといって余裕のない状態で投資を始めるのは大変危険です。
突拍子もない支出が現れた場合、対応できなくなってしまうからです。
電気料金を支払うためのお金を投資に運用してしまったら電気が止められてしまうのです。

投資資金は多ければそれほどリターンが期待できるのは事実ですが、
余裕資金以外でおこなうことは久保雅文はお勧めできません。
絶対に余裕資金の範囲内でおこなうようにしましょう。
間違っても食費を投資に運用してはなりません。
下手したら飢えてしまうのですから。

投資資金は余裕のある範囲で集めるのが良いでしょう。
国債を買う場合は毎月一万円を国債購入用に分けておくのも良策です。
お金に余裕のある月はいつもよりちょっと多くの株を購入するというのも久保雅文はお勧めします。

資産運用は長い目で見ておこなっていくのが良いでしょう。
焦って投資用のお金をかき集める必要はないと久保雅文は思います。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その16

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その16


「資産運用」というと難しいイメージがある方が多いと思いますが
身近で簡単にできる資産運用もたくさんあります。
今回は久保雅文が資産運用の種類についてご紹介したいと思います。


投資信託

投資信託は非常に人気のある資産運用方法の一つであり、日本でも多くの人が利用しています。

はっきり言って投資信託は久保雅文はあまりお勧めできません。
投資信託はプロが運営しているという安心感がありますが、
プロが運営していても利益が出ないときが存在するからです。

利益が出ないだけならばまだしも、多くの投資信託は委託者報酬がとられてしまいます。
これはどういうことかというと一年間投資信託にお金を預けたとして、
それにより利益が出た場合でも出ない場合でも年間で二%ほどの委託報酬がとられてしまうということです。
全く利益が出なければどんどん資産が目減りしてしまうのです。
ちなみに二%は例でありこれより低い利率の委託者報酬も存在します。

投資信託は月ごとに分配金を支払うところも存在し、
月ごとにお金が貰えるという利点に惹きつかれる人も多いのが現状となっております。

しかし毎月分配金が貰えるというのはあまり大きなメリットではありません。
投資信託は皆でお金を出し合って投資を委託する制度なので、
分配金を毎月支払うということは自分の財産の中から毎月分配金を支払っているということと同じなのです。

投資信託は中身が非常に複雑なため、
知識のない初心者の方が分配金の高さに惹かれて買うケースが多いのですが
それは大変危険な行為と言えると久保雅文は思います。

投資信託が絶対儲からないというわけではありませんが、久保雅文はあまりお勧めはできません。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その14

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その14


「資産運用」というと難しいイメージがある方が多いと思いますが
身近で簡単にできる資産運用もたくさんあります。
今回は久保雅文が資産運用の種類についてご紹介したいと思います。


~債権~

債権は購入することが可能です。
債権とはお金を貸したという権利のことで、外国債券を発売している証券会社も存在するのです。
個人で買うとしたら外国債券が多いかもしれません。

債権のメリットは元本と共に利子つきでお金が戻ってくる点です。
国債をイメージすると分かりやすいかもしれません。
中には年率五%を超える債権も存在し非常にリターンの高い金融商品となっております。

しかし債権のデメリットはリスクが高いと言えるのです。
まず債権はお金を貸した時の会社や機関が倒産してしまったら、
お金を取り立てることができなくなってしまいます。
基本的にお金を借りるところは財務状況が悪いところが多く、
その会社や組織が長く続く保証はどこにもないのです。
それは株にも言えることであります、

また、外国債券の場合為替リスクも考慮しなくてはいけません。
アメリカのとある組織の債権を買ったとして、
お金が返される日まで組織が維持されたとしても円高やドル安が続いてしまえば
結果的に元本割れしてしまうということが大いにあり得るのです。

債権は非常に取り扱いの難しい商品と言えるでしょう。
債権を購入して資産運用するのも手の一つではありますが、
債券を購入した先の財務状況をよく調べなくてはいけません。
利率が高いからといって何も考えないで買ってしまうと後で大火傷してしまいます。

一番大きいデメリットは為替リスクです。
外国債券を買う場合は為替についてよく学んでおく必要があると久保雅文は思います。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その12

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その12


「資産運用」というと難しいイメージがある方が多いと思いますが
身近で簡単にできる資産運用もたくさんあります。
今回は久保雅文が資産運用の種類についてご紹介したいと思います。


~ミニ株投資

ミニ株投資の基本は通常の株取引と同じです。
ミニ株投資の利点は少ない資金で株が購入できることです。
効率よく資産分散したい場合はミニ株投資を始めてみる事を久保雅文はお勧めします。

ミニ株で投資した場合、本当に安く株を購入することが可能になります。
株は通常一単元で買われることが普通なのですが、
ミニ株を活用すると一株から購入することが可能になります。
百株単位でなければ購入できない株も一株から購入できるのです。

ミニ株投資は非常に人気があり、手軽に行える資産運用としてお勧めです。
一万円の株を通常通り買うとすると一単元で合計百万円の資金が必要となりますが、
ミニ株だと一株から購入できるため一万円あれば買えてしまえるのです。
世界に名を轟かせている有名企業の株を複数購入することも少ない資金で可能となるのです。

少ない資金からでも資産運用したいという方はミニ株投資をお勧めいたします。
手軽に行えるのも嬉しい要素ですし、株を保有していると配当金が貰えます。
しかしながら配当金は株によって貰えたり貰えなかったりするので事前に調べておく必要があります。
配当金は業績の良い会社でないと貰えないのです。

ミニ株投資にもデメリットは存在します。
それは成り買いと言って値段が指定できないことと、
通常通り株を買うよりも手数料が高くつくということです。

ミニ株投資は株の勉強をするのに最適かもしれません。
小さい資金から資産運用していきたい人に久保雅文がお勧めします。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その8

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その8


「資産運用」というと難しいイメージがある方が多いと思いますが
身近で簡単にできる資産運用もたくさんあります。
今回は久保雅文が資産運用の種類についてご紹介したいと思います。


~金投資

金投資とはお金のことではなく金(キン)のことです。
そう、あの高貴に光り輝く純金のことなのです!

実は金投資も資産運用の一環として非常に有効となる投資方法です。
金の価値はほとんど崩れ去ることがありません。
金の価値がゼロになることはほぼ皆無と言っても良いでしょう。
金の幻想的な輝きは多くの人を虜にさせます。

金は安定した資産運用として保有することをお勧めいたします。
面白いことに金にもレートがあり、その額は日々変わってきております。
金は一グラムごとに値段が定められており、たくさん買いたい場合は
安い時期に購入するのがいいと久保雅文は思います。

金投資にもデメリットは潜んでおります。
それは元本割れを起こす可能性があることと、金そのものからお金を生みださないことです。

例えば社債を保有していればその社債からは利子が生み出されます。
しかし金投資は物に対して投資するので利子も何もつきません。
あくまでも金そのものの価値で勝負するしかないのです。
資産運用でお金を生み出すシステムを好む方は金投資を避けた方が良いと久保雅文は思います。

しかし金投資は非常に魅力的な資産運用となっております。
金は現物に絶対的な価値を誇っているので、
例え紙幣の価値がゼロになったとしても金の価値は保持されるでしょう。
金は大恐慌に非常に強いと言われております。

資産を分散して運用したい方は金投資も考慮すると良いと久保雅文は思います。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その6

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の種類その6


「資産運用」というと難しいイメージがある方が多いと思いますが
身近で簡単にできる資産運用もたくさんあります。
今回は久保雅文が資産運用の種類についてご紹介したいと思います。


~海外国債

海外でも国債は発行されておりその利率も日本国債と比べて高いものとなっております。

海外国債の強みは元本保証と利率の高さでしょう。
その国が破たんしない限り国債の購入代金は利子つきで支払われます。
資産運用の一環として海外国債に手を出すのも良いと久保雅文は思います。

しかし海外国債は高い利率を誇りますがデメリットも持ち合わせております。
一番のデメリットは為替リスクでしょう。
為替リスクとは円高になってしまったらその分外貨の価値が下がってしまうので、
あまりに円高になってしまった場合は実質的に元本割れの危険性も含んでいるのです。

その他にも為替リスクは存在します。
例えばアメリカ国債を購入し、ドル安が進んでしまった場合元本割れしてしまう可能性は
十分にあり得るのです。また円からドルに変えるときの為替手数料も考慮しなければいけません。
このように海外債券は非常に取り扱いの難しい資産運用であり、
初心者には久保雅文はあまりお勧めできません。

国債の利率は財政状況が厳しいと思われる国ほど高い傾向にあります。
言い変えるならば利率の高い海外国債への投資はハイリスクハイリターンの投資であり、
安心して運用できるものではないと久保雅文は考えます。

とはいえ、海外国債を買うことは悪いことではありません。
メリットとデメリットをしっかりと理解して購入する分には大丈夫でしょう。
海外国債を買うことも自己責任となるのです。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。